0

『エラズンド』カタンの街を開拓

「エラズンド」

★★★☆☆

カタンをベースに街を開拓

 

エラズンド。

冒険心にあふれる航海者がカタンを発見し、入植してから、街を発展していくゲーム。

カタンの要素をベースに、街の発展を作っていきます。

 

カタン同様、手番ではサイコロを振って、出た目に応じて資源がもらえます。

エラズンドでは資源は「お金」と「パワーカード」。

その資源を使いながら、土地に自分の街を作っていきますが、タイルの大きさが3〜6マスのタイルになっています。

そのタイルを置くためにお金と、あと必要なのが、土地の権利書。

土地の権利書にも数字が書いてあり、まずは土地の権利を獲得(権利書をおく)ためにお金を支払う。そうして土地を獲得したのち、街を作り上げていきます。

 

権利書の数値は、数字が高い方が優位な土地。そして他のプレイヤーの権利書も使って、タイルを配置できるかわりに、お金をプレイヤーに権利権として払ったりします。

カタンのように都市を建てていったりする代わりに土地を取っていく。

その土地ができると資源が入りやすくなっていく。システムがカタンながら、土地を取る要素などがプラスアルファな感じで、おもしろい。

 

土地を広げていく様がすきな方には良いゲームと思います。

 

そしてこのゲームは、土地を大きい土地タイルを置くことで相手のタイルをなくすことができる。土地の権利書を他のプレイヤーのも使えると、その駆け引きが面白い。

パワーカードの要素は、通常のアクションに変化を与えて、できるアクションが広がったり、変化させたりと、お金だけでは成り立たない要素がとてもよくできている。

手軽ながらも、土地の取り合いが結構、ジレンマありで、楽しく遊べると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です