0

『ブリュッセル1893』買って、売って、建てて、

「ブリュッセル1893」

評価:★★★★★

ルール:アクションと点数計算を覚えるのに少し大変(初インストで45分ぐらい)

ブリュッセルの建築様式、アールヌーボーの建築世界をボードゲームにした感じのゲーム。

手番では、アクション駒を使って、ボードに置いたアクションができる、ワーカープレイスメント。そして駒を置く際に、お金を置くことで、フェイズ終了時に、特典カードへの入札に関わってきます。

資材を集めて建物を建てたり、著名人の力を借りたり、美術品の売買を行ったりし、勝利点とお金を獲得していきます。

最終、特典カードで勝利点が変化したり、アールヌーボーの建物を建てた数などで勝利点が変化します。

初プレイでは、約1時間のインストと3時間のプレイ(4人プレイ)

何をどうすれば、、、となりますが、アクションの関わりや点数の伸ばし方の方向性がきまれば、アクションのバッティングや、特典カードを得るための入札金などの調整で、とてもワクワクしてきました。

ワーカープレイスメントと入札のアクションにより、自分がしたいアクションを選んだり、また建物を建てると、そのカードをアクションスペースに置くことができ、他のプレイヤーが自分の建物に駒をおくとサブアクションの恩恵があります。

その恩恵も小さいですが侮れない要素。恩恵が意外と効力があったりと、やることがたくさん。

方向性を見出して、うまく他のプレイヤーとバッティングなどがないように考えると、とても楽しいゲームです。

なかなかのプレイ感ですが、★を5つ出して良い面白いゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です