0

『モダンタイム』★★★☆☆

「モダンタイム」

評価:★★★☆☆

ルール:比較的シンプルな方

 

流通する産業の筆頭株主になって、各都市の株を買い占めていくゲーム。

株式カードを競るフェイズと

株式カードで株主になり、各都市にいくフェイズの

大きく2つのフェイズに分かれています。

筆頭株主になるためには、2つ目のフェイズで、株式カード(各産業のカード)をプレイし、場で一番多くカードを出しているプレイヤーが、次の都市へと移動し、株を獲得していきます。

そうすることにより、盤面の中央にそれぞれの都市と産業のところに自分のマーカーを配置でき、最終の得点に関わっていきます。

その株式カードの獲得は、最初のフェイズで、お金を使って獲得していきます。

競りの要素と、カードの多い人が動けるプレイ感となかなか楽しめるゲームです。

競りはダイスの出目によって、競りに出されるカードの枚数が変わり、欲しい時にお金を持っていないなど、少しジレンマあり。

しかも、株式カードのプレイには、恐慌がおきる条件があり、場に出ているカードがその数に到達した場合、一番、多いカードをプレイしている産業が全部、山札に戻ってしまいます。

カードの枚数を調整しながらも、産業の最大になるように、枚数をだしたりと、なかなか駆け引きがいい感じです。

取りたい都市の産業を狙って、出すタイミングを選んだりと、よいプレイ感です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です