0

『コロニスト』四時代の超大作

「コロニスト」

★★★★★

細かいルールあるがいたってシンプル

 

コロニスト。四時代を翔けるボードゲーム。

自分のボードを開拓していき、各時代ごとにできることが増えていきます。

各時代は5年(半年ごとにアクション)あり、その10回のターンで自分の土地などを開拓していきます。

1ターン(半年)では、コマを3マス動かして通った所のアクションを行っていきます。

資材を獲得したり変換したりと、リソースマネジメントがとても難しいです。

中央の共有のヘクスになっており、1年がすぎるごとに3つのタイルが増えます。そうしてできることが増えていきます。

 

今回は、1時代目の導入プレイと、2時代目のみのプレイ。

各時代に分けてプレイもできるし、4時代を通しても良い。

一手番のダウンタイムが長いですが、そう言うてられないほど悩ましく考える時間がたくさん必要。

でも至ってルールはシンプルなので、どのようにアクションをしたいかを考え抜いていくゲームです。

超?重量級のボドゲですが、頭がパンクしそうな感じはなく、シンプルながらもきめ細やかに考えることができるので、すんなりと遊べた印象です。

やはり重たいゲームだけあってプレイ時間は相当になりますが、ぜひぜひ遊んで欲しいゲームです。

 

まだ2時代しか遊んでないので、通しでのプレイができたらまた後述します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です