0

「シュタウファー」領国の議席を狙って

「シュタウファー」

★★★★★

細かいルールがあるが慣れたら大丈夫!

 

シュタウファー。王様が各国を巡視するのに仕える従者が自分たちプレイヤーを表しています。そして王様が国を回るのについていくよう、各国の議席を獲得すべくコマを配置していきます。

ゲームは5ラウンドありますが、手番は3回。まずはコマを補充するか、コマを国に配置するかを決めます。

そして、その手番の選択肢によって、次のラウンドのプレイ順が変わってくる部分があります。

さて、コマの配置は、各国には議席数があり、そして数字が描かれています。

まずは、王様がいる場所から時計回りに進みたい国へと移動します。

移動するにはコマが必要。3つ先であれば、コマを3つ。そうしてようやく配置ができます。配置の際、議席の横に数字があり、また配置してから、コストとしてコマを必要とします。

このゲーム。写真でもあるよう、コマがすごい数でます。ほんとわんさか。

それだけ、王様に仕える身として、たくさんの人の力がいるということですね。

 

そうして、コマを使いながら、ラウンド終了時に決算の国の処理を。そこで議席の優位を取れると勝利点が入ります。それを5ラウンド繰り返します。

 

ぐるぐると盤面をコマがまわっていくのですが、コストと移動にすごくコマを使うこと。自分の3手番では必ずと言っていいほどコマの補充が必要。それもうまく使いながら配置や議席トップを狙います。

また議席に入ると宝箱をゲットできて、追加アクションや恩恵が。

それらをうまく利用して、より高得点をめざしていく。

エリアマジョリティの要素と、諸国漫遊のテーマがとてもマッチしているように思います。せめぎ合いとかけひき。そして自分のコマのマネジメントと、すごくバランスのいいゲーム。考えるところがたくさんと、よくできたゲームです。

重ゲーの部類ながらも、プレイ感が重たすぎず、結構テンポもいい感じです。

 

ぜひぜひ、何回もプレイしたくなる名作だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です