0

『1856』鉄道を広げる時代です

「1856」

★★★★★

 

18XXシリーズの、1856。鉄道を開拓するボードゲーム。

1830と1856の違いは、カナダが舞台になっており、途中、カナダ国鉄が誕生します。またその国鉄から融資も可能で、そのローンなどの支払いが要素として増えています。

基本軸は、タイルを置き鉄道を広げ、運行することで収益を得ていきます。

収益は、株主(株券の量)に分配もしくは、鉄道会社への内部留保があり、収入のしかたによって株価が変動します。

列車を購入するために、収入を内部留保したり、自分の所持金を増やして新たな株を買うために、分配したりと、会社経営をしながら株も扱うといった、結構楽しいゲームです。

プレイ時間が少しネックですが、、、約7〜9時間?ぐらいかかりそうな感じです。

説明が一通りできればプレイ自体はそこまで難しくないですが、銀行の金額がなくなったらゲームが終了なので、プレイ時間はやはり結構かかってしまいます。

すごくじっくり、また、株や鉄道が好きなボドゲーマにはおすすめの逸品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です