0

「アブルクセン」カードで攻撃かけひき

「アブルクセン」

★★☆☆☆

 

アブルクセン。

手札の数字カードを使って、攻防を繰り返し、点数を伸ばしていきます。

カードは1〜13が各8枚と、Xのジョーカーが5枚あります。

それらを利用して、攻防を繰り返します。

攻防とは。

手札からカードをプレイするとそのカードが基準となり、数字が高い方が強い仕組み。

同数のカードであれば、複数枚同時に出すことができます。

次のプレイヤーがもし、同じ枚数のカードを出すと、数字の大きさを比べます。

そこで攻防が生まれて、もし数字が高ければ、相手の場に出ているカードを手札に戻させたり捨てさせたり、奪ったりできます。

手札からカードが無くなったらゲーム終了で、場に出ているカード1枚につき1点(数字は関係なし)となります。

となると、カードを奪うメリットは?となるんですが、各数字が8枚づつなので、もし手札に同じ数字が7〜8枚あると相当強いということ。

そしてそれが攻撃を受けない状態になると、それがまるまる点数になります。

 

そのようにして、数字を見ながら集めたいものを考えて攻防を繰り返します。

 

シンプルに見えて、少し複雑に感じましたが、結構考えるカードゲーム。

THEカードゲームといった印象で、数字を利用しているので、シンプル。

Xのカードがほんの少しのワンポイントぐらいで効いてくるのでゲームバランスもそこそこ。

 

シンプルカードゲームで、個人的にスパイスを感じなかったのが星2つの理由かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です