0

「チャオチャオ」その数字まった、、、

「チャオチャオ」

★★★☆☆

 

すごろくの要素で、ゴールを目指して橋を渡りきっていきます。

ただし、橋を渡るためにはダイスの目でコマを進めるのですが、進める数字は1〜4。

ダイスには1〜4が1つづつ書かれていて、あとはバツが2つ。

そのバツが出ると、本来は進めないのですが、、、、

チャオチャオのゲームの要素、ダイスの目は他のプレイヤーに見えないように筒の中でふります。そして自分だけが出目をみて宣言します。

その際、嘘をついてオッケー。バツが出てても3と言ってコマを進めることができます。

けれど、他のプレイヤーはそれが嘘だと思ったら、チャオチャオ。

確認に入ります。いわゆるブラフゲームの要素があるんです。

もし、宣言した数字と違うのを見抜けた場合、コマは橋から落とされてしまいます。

ちゃお〜ちゃお〜 と 、、、、(掛け声なくていんですけどね)

 

なので、うまくブラフを使いながらコマを進めて自分の4つコマを最後までいくか、ゴールが埋まったらゲーム終了となります。

 

ブラフの要素とすごろく要素がうまく掛け合わされてて、かつ橋から落ちちゃうコンポーネントが良い感じ。

 

数字ちゃうんちゃう? と大阪弁になってしまうようなボードゲームですよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です