0

『シトラス』果樹園広げて

「シトラス」

★★★☆☆

 

シトラス。果樹園を広げながら勝利点を獲得していくボードゲーム。

手番では、お金を使って共通の場からタイルを購入します。その際、購入するタイルは「列」で購入する必要があります。ですので、一列に4枚あったり、1枚しかなかったりしますが、タイル1つにつき1金が必要となります。

まずは、タイルを買う手番を行い、次にボードにタイルを配置していきます。

タイルの配置は、家から四方へ伸びるように配置します。

その際は四方は4色異なる色で配置が必要です。

そして、配置した色のタイルが自分のエリアとわかるように自分のミープルを配置します。

自分の色のエリアがすでにある場合はそれを伸ばすことも可能。

家の周囲8マスがタイルなどで埋まると、その家は得点計算の対象となります。

周囲8マスに関わるエリアの数(タイル数)を見比べ、1番と2番に多いプレイヤーが点数を獲得できます。

 

タイルの購入にお金が必要なのは先述に。

その資金の調達はというと、盤面に置いている自分のコマ(労働者)を手元に戻すことで「収穫」というアクションによりお金がもらえます。

ただし、駒を戻すと、そのエリアは中立エリアとなり、他のプレイヤーに取られることもあります。収穫によってお金は入りますが、得点計算に関われなくなるので、タイミングを見計らう必要があります。

逆に、得点計算されたエリアからは収穫を行いやすくなっています。

 

自分のエリアを広げながら、勝利点にどう関わるかを考えていく。

勝利点は家での得点計算の他に、アクションチップでも点数が入ります。

また、アクションチップには色々な効果もあり、利用することでうまくタイル配置できたりします。

 

シンプルにタイルを配置するゲームでありながら、資金不足や、配置ルールで中々エリア拡大が難しい。

他のプレイヤーとのエリアの奪い合いもあり。

 

中々、苦しい部分やジレンマありますが、面白いシステムと、各色鮮やかなコンポーネントも見所のボードゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です