0

『コブラス』壺の中のコブラ

「コブラス」

★★★★☆

コブラス。コブラを集めて高得点を獲得すべく、良いタイミングでコブラを売り(壺から出す)ことで高得点を狙うことができます。

さて、基本はトリックテイキング。通称トリテ。

通常のトリテは勝ちを狙っていくのですが、このコブラスは駆け引きがとても楽しい。それはというと、勝ち(一番強いカードを出せたプレイヤー)になると壺の中のコブラを売ることができます。

コブラを売ると得点になるのですが、売る際のコブラの量がネックになってきます。

一番高価格が7匹の際。そのタイミングに持っていくためには何度かの「負け」が必要。

負けた際は壺にコブラトークンが入っていくるのですが、トークンの数はプレイヤーが出したカードに記された数。負けたプレイヤーでその数を割って、壺にトークンを入れていきます。

そうして7匹の際にちょうど売る(勝つ)ことを目指します。

それ以上増えるとやはり価格が下がってしまうので、できれば前後でとどめたいところ。

そこの勝敗のタイミングがとてもゲーム性を楽しくしています。

今回は負けたい。けれど手元のカードは。。。リードプレイヤーが出したカードに合わせないといけないので、カード運もあり。

シンプルなルールの中に、駆け引きが生じて、とても楽しい。

そのタイミングをうまく調整できるカードがラウンドで1回使用が可能。

キングコブラカード。それを出すことで「勝ち」でも「負け」でも選ぶことができます。

それも駆使しながら上手くプレイを行い、一定得点を目指していきます。

 

シンプルなトリテのゲームに「負け」が必要な要素が加わることで、すごく面白いゲームになっています。コブラのデザインや壺、そしてカードもかっこよく、遊んでいてワクワクすることができる、オススメのボードゲームです。