0

「ハンザ」ハンザ都市で名声を

「ハンザ」

★★★★☆

 

ハンザ。ハンザ都市を船で往来しながら、商店を増やして名声を得ていきます。

手番では、船を動かし、とまった都市でアクションをします。

船を1つ動かすのに、1ターラー(金)が必要。逆に、持っているお金だけどんどん進めるので、各都市で止まってアクション。1ターラー使って移動。とまってアクションを1手番で繰り返せます。

ターラーがあればですが。

 

都市のアクションは、商品のやりとりと交易所。

まず、都市ではその場所にある商品タイル(樽の絵)があります。その樽の数が、交易所や勝利点に関わってきます。

商品をまず取るために1ターラーが必要です。ただし、その都市で自分の交易所が最大数を占めていれば、払わなくてすみます。

さて、その交易所を立てるのもアクションのひとつ。

立てるためには、商品タイルを使います。樽を支払うことで交易所を建てることができます。

なので3樽の商品タイルがあると交易所は3つ一度に建てることができます。

 

もうひとつ、商品タイルを売るアクション。同じ色のタイル2枚以上1組として、売ることができます。そうすると勝利点になります。ただし、、、売ると交易所を1つ減らさなければなりません。

 

そうして、船で移動しながら都市アクションを使って勝利点を稼いでいきます。

 

プレイ感として、結構ジレンマありのせめぎ合いのあるボードゲーム。

盤面からはあまり他のプレイヤーと関わりが少ないイメージでしたが、予想以上。

お金あると船はどんどん動けるのでいろんな場所でアクションが。

そして、商品をとって、次で売ってと繰り返せます。

ただし、その部分が簡単にいかないのが、交易所のシステム。

他のプレイヤーに1ターラーを渡したくないし、でも商品取りやすくしたい。

でもそれだけだと勝利点ならないから売らないといけないし。と試行錯誤がそこで生まれます。

また重要なのが船。船は共通のコマなので盤面で1つ。他のプレイヤーがとまった先で自分の有利不利も関わってきます。

なかなか面白いボードゲーム。

ルールはいたってシンプルな方で、やれることもわかりやすい。

ただし、、せめぎ合いが大きいかも。

 

それでもシステムも楽しいので、おすすめボードゲームのひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です