0

『マメじゃないよ』それ、マメじゃないの?

「マメじゃないよ」

★★★★☆

 

マメじゃないの??

マメです。

マメだと点数になります。

 

4色あるマメのカードを集めていくゲームなのですが、タイトルにもなっているよう、マメじゃないと点数になりません。

どういうことかというと、

スタプレがまず、手札から1枚オープンでカードを出します。

その後、他のプレイヤーがカードを伏せて出して、一斉にオープンします。

場にはプレイヤー人数分のカードが出ている状態になり、スタプレから順に自分以外のカードを獲得します。そして獲得されたカードを出したプレイヤーが次に、他のカードをとります。それを繰り返していき、最後に残ったプレイヤーは、スタプレのカードを獲得します。

つまり、自分が出すカードは手に入らず、絶対に他のプレイヤーにいく仕組みになっています。

そうして、各色1〜10の数字があるカードをたくさん集めていくと勝利点になります。

 

ただし、、、特殊カードがあります。

マイナスのカード、2倍のカード、0のカード。各色あります。

さて、この特殊カードがやっかい。

各色を集めていく際それぞれが獲得山となるのですが、

マイナスカードが1枚入ると、その山(色)は全部マイナス点になってしまします。

逆に2倍のカードは、山(色)をトータルから2倍します。(マイナスも2倍になります)

マイナスのカードは、もし2枚入ると、マイナスxマイナスでプラスとなりますので、加点の方になります。

 

さて、0のカードはというと、こちらは山(色)が全部0点。。。なんて悲惨なカードでしょうか。

そうマメじゃないよカードなんです。。。マメじゃなくなるので点数が0

もちろん、マイナスが入っても0なので、全部がマイナスになるより、実はいいカードなんです。

 

そうして、配られたカードを全部プレイしたら、自分の集めたカードの点数を数え、一番高いプレイヤーが勝利となります。

 

 

シンプルにカードを出すゲームなのですが、自分が配られたカードは獲得できないこと。そして上手くかけひきやタイミング必要となる、楽しいカードゲームです。

ルールも比較的簡単!手軽ながらも、場のカードの駆け引きがあるので盛り上がるゲームとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です