0

「オレゴン」交わるところで開拓を

「オレゴン」

★★★★☆

 

オレゴン。プレイヤーは農夫となってオレゴンの開拓を目指します。

そこには教会や雑貨屋、郵便局、鉄道の駅を建設しながら、開拓をすすめていくボードゲームです。

ルールはいたって簡単。

手札4枚から2枚をプレイして、労働者コマを置くか建物タイルを置くかが決まります。

このゲームのボードが特徴的になっており、上と左にはカードと同じ絵柄(火やバイソン、鷹など)が描かれています。

カードを、絵柄と絵柄を出すことによって、その列と行に交わる箇所に労働者コマを配置できます。

同様に、絵柄と建物のカードを出すと、その絵柄の列・行に、対応する地形の建物タイルを置くことができます。

そのようにして、建物だけでは点数になりませんが、人の駒があることによって、関わる点数や金塊・銀塊などを獲得することができます。

そして勝利点が一番大きいプレイヤーの勝利となります。

 

プレイ感としては、カードを出すシンプルなルール。

ただそこに結構な他のプレイヤーとの交わりが生じているのが、絵柄の列と行。

置きたいけど置けない。カードが手に入らないなど、、、ジレンマたくさん。

また、建物タイルは共有になるため、自分が置いた建物が他のプレイヤーへの高得点につながることも。

ただそれを返せば自分も高得点のチャンスが。

その部分をうまく考えながらプレイが必要かと思いました。

カードのランダム性もありますが、建物の効果により、ジョーカータイルの使用や、アクションをもうひとつできる要素もありで、そこをうまく利用することも得点につながっていく感じ。

このゲームは一回では勝利点の伸ばし方が難しいように思ったので再プレイが必要かなと思います。

 

そのような意もあり、おすすめしたいゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です