0

「パトリツィア」各地で勢力を

「パトリツィア」

★★★★★

 

パトリツィア。各地で勢力を伸ばすべく、建物を積み上げていくエリアマジョリティゲーム。

各地各色に対応するカードがあり、それをプレイすることで、その色の都市に自分の建物を積んでいきます。

プレイヤーは手札3枚から立てたい都市の色のカードを出し、コマを置く。それを繰り返していくのですが、カードの補充は、都市にオープンで置かれたカードをコマを置いた都市から補充をしていきます。

なので、補充カードは公開情報。

そして、カードには上の段と下の段があり、上には色。下には特殊要素があります。

人物が描かれたものと、都市の色、コマを移動、どこでもカードを取れる要素があります。

この人が少しネックで、最終的に同じ人を3枚1種集めていると、6ポイント獲得。結構強いんです。

 

また、エリアマジョリティと書いたようにゲームの根幹ですが、各都市には置くことのできるコマの総数が決まっています。そしてカード(出る都市の色の枚数)も同数になっているので、最終的には全部きっちりと置かれることになります。

配置の途中、コマの最大数が埋まると、得点チップが得られます。

マジョリティの要素はコマの多さ。同数の場合は一番上に置いてると優勢になります。

そしてマジョリティを確保しながら勝利をめざします。

 

プレイ感としては、シンプルながらも、総数が決まっているのであとどれくらいだとか、あの色に置かれたらなど考えながら遊べます。またカードの補充もオープンで、その都市に置かないと取れないので、ジレンマもあり。

手札のランダムさもありながら、結構戦略的にもプレイできます。

カードの下の効果もそこそこ利用できるので、結構楽しい。

そんなに時間もかからず、悩める要素もあるので、少しボードゲームに慣れたプレイヤーにも玄人プレイヤーにもおすすめだと思います。

 

個人的に、盤面とカードの大きさなどデザイン要素も素敵でシステムも良い、好きなボードゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です