0

『ポートベローマーケット』お客を引き込め

「ポートベローマーケット」

★★★☆☆

 

ポートベローマーケット。ロンドン郊外をボードが表しており、そこで繰り広げられるボードゲーム。

路地には家が、広場と区画の3つがボードに構成されています。

プレイヤーはその路地(各数字がかかれている場所)にコマを配置していきます。

得点は、その路地を結ぶ広場と広場に、お客コマが配置されたら得点となります。

お客コマは、灰、ピンク、黒の三色があり、それぞれ

グレー=サクラ

ピンク=市民

ブラック=貴族

となっています。

ブラックの貴族は最後に空いた広場へとやってくるのですが、グレーとピンクは袋からランダムで引いて配置するアクションがプレイヤーの手番でできます。

広場に置かれる色によって、勝利点の入る点の倍数が変わってきます。

路地の数字はそのまま基礎点。それに倍数(グレーとピンクであれば かける2倍)となります。

単純にコマを置いていくだけでないのが、このゲームの面白いところ。

ボビーと呼ばれるコマが区画に配置されているのですが、そのコマのある区画に面している路地に、自分の色のコマを配置できます。したがってボビーを動かす必要があります。

もし別の区画にボビーを動かしたい場合は、またぐ路地に他のプレイヤーのコマが多く配置していると勝利点を通行料として払います。ですので、移動したいけど、、、勝利点が、、、といったジレンマが生まれます。

 

さて、アクションでは2、3、4のチップがあり、アクションの回数を示していますが、そのチップを出すことでアクションを行います。2を使ったら、次は3か4から。といった具合に1周り使わないと、また全部使えるようになりません。

もう一点、区画の独占ができ、区画に隣接している点数を総獲得できるのが、さきほどのアクションチップ。2〜4は倍数になっており、区画に置くことができます。

 

そのようにして、路地にコマを置いたり、広場のお客コマを配置し、独占などを狙い勝利点を多く獲得していきます。

 

プレイ感としては、シンプルなエリアマジョリティのゲームだと思います。

路地にコマを置くことがメインですが、場合によってはボビーの移動がたくさん必要で、勝利点の支払いが多くなったりと、難しい一面もあります。

また、お客コマの色によって倍数が変わるので早めに自分の伸びやすい広場に配置したいところ。でも他のプレイヤーによってグレーを置かれたりするので、見極めも大事。

 

ルールの要素としては少ない方なので、比較的、気軽に遊ぶことができます。

点数の獲得など計算をしながらが戦略にもなってくるので大変ですが、軽いイメージ。

区画や広場のせめぎあいが良いスパイスになっているボードゲームです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です