0

『シニョーリエ』ダイスのワーカーで覇権争い

「シニョーリエ」

★★★★☆

 

シニョーリエ。

イタリアの覇権争いに、プレイヤーは貴族となり、地位を確立していきます。

主には、5色あるダイスを確保することでアクションができるゲームとなっています。

ラウンドの開始時に、各色ダイスが振られ、そこから行いたいアクションの為にダイスを取っていきます。

各色で行うことのできるアクションがことなり、1〜5のアクションの為の数値もあります。

例えば、赤は2以上の出目が必要。水色は5以上の出目が必要。など。

もし出目が足りない場合は、お金を支払うことで補う形でアクションを行います。

各色で共通するアクションがあり、助手を構えるアクションがあり、それを行っている場所のアクションは追加アクションが行われます。

基本的にはアクションを行い、中央の盤面に自分のコマを配置し領土の覇権を獲得していくイメージです。領土の覇権を取る事で、伴うタイルが獲得されるのですが、そのタイルを集めることで勝利点へと繋がっていきます。

自分の子孫が、男性と女性、あることにより男性は職業につき、そこで名誉を得る事でタイルを獲得。女性は政略結婚することで、栄誉を獲得することでタイルが獲得できます。

それら、職業に就いたり、結婚したりは、先述のアクションで行うことができます。

そのためのワーカーとなるコマを増やしたりもアクションで行います。

そのようにして、ダイスを獲得するアクションが基礎となり勝利点を獲得していきます。

 

プレイ感としては、渋くも楽しいボードゲーム。

アクションのワーカーとなるものがダイスであり、ダイス目が重要にもなってきます。その部分は運要素があり、アクションによって自分のコマを配置する部分はエリアマジョリティの要素。

欲しいタイルなど点数に関わるタイルは、獲得の制限があるので早いもの勝ちな部分も。

自分のコマを増やしながら、結婚させたり、職業に就いたりと、考える部分がたくさんあります。

アクションダイスの目の合計によって、ラウンド終了時のボーナスに関わってくるので、できるだけ小さい目を取りたいところ。けれど小さすぎるとコストは必要であったりとジレンマも。

他のプレイヤーの動向も見ながらプレイできるので、全体感で遊ぶことのできるボードゲーム。

盤面もわかりやすいので、ぜひ遊んで欲しいボードゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です